忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「当てっこゲーム」というものは、いわゆる嘗て神託を伝えるための儀礼であって、そんな呪具としての賽子等が、いろんな宗教で用いられたらしいのです。

将棋やチェス等の盤上遊戯も、元来では「天体の動きを真似して、将来を伺う」という行為であったのだとか。

また、神社では「鳥居へ石を投げて、乗るかどうか」で占う風習があったそうです。

旧約聖書のイザヤ書には、雲の形を読む卜者(2章6節、57章3節)、肝臓占い、あるいは口寄せによる占い師、夢説きや星占いをする占い者(3章2節、44章25節)が糾弾されてしまい、エゼキエル書21章26節では、バベルの王が、「矢をすばやく動かし、神の像に伺いを立て、肝臓を見る」といったことで占ったと書かれています。

こんな風に大昔から占いは世界に関わっていたのです。

-----------

リサイクル都内
http://kaitori123.jp/
PR
この記事にコメントする
           
お名前
タイトル
メール(非公開)
URL
文字色
絵文字 Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
コメント
パスワード   コメント編集に必要です
 管理人のみ閲覧
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
Copyright ©  -- 自分を知るならまず占いから! --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by White Board

powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]